講義予習も大変

所属は情報科学研究科で、情報学みたいなことを教えていますけど、全学教育科目で「哲学」を教えていたり、他大学では、フランス語とか、イタリア文化みたいなことを教えていたりします。講義の予習は、結構、大変。

先ほど、明日の「哲学」講義の予習がやっと終わりました。

アランという哲学者の『定義集』という本を講読していくものです。
たいていは、一回で一つの定義だけ。ABC順にやっています。
明日は「欲望」の定義について。

講義のやり方は、まずホワイトボードに定義をフランス語原文で書き、それについての文法も含めた分析をした上で、現存する邦訳(森有正訳と神谷幹夫訳)を検討し、それを基に私の解釈をかなり含めた形で講義します。

もう何年も続けている講義なのですが、まだアルファベットのDのあたりをウロチョロしているのです。

だんだんと、学生に配る資料も増えていき、明日の分はA4で10枚。もっともダブルスペースですし、ゆったりとレイアウトしていますが。

全学教育科目という性格上、哲学を専門にする学生は皆無に等しいので、この資料にさらに多くのことを口頭で補足しなければなりません。

まあ、講義は(予習も含めて)嫌いではないというより、好きな方なので、あまり苦にはなりません。
大変ではあっても、予習中や講義中にインスピレーションが訪れるときは本当にいいものです。
[PR]
# by fiesole | 2007-05-06 22:55 | 哲学

ホクロを取りました。

顔にあったホクロが少し出っ張ってきたので気になり、先日、近くの皮膚科・形成外科に行って取ってもらうことにしました。出っ張っていないものもついでにやったので、二つ。

液体窒素で凍らせてホクロの組織を破壊するようです。
早速やってもらい、5日後ぐらいにカサブタのようになっていたものが、顔を拭いていたら取れました。
まだ少々赤みが残っていますが、取る前よりもずっと感じが良い。

ちなみに料金は(二つで)1420円でした。
保険が効くようです。

美容外科なんかに行ってしまうと、保険が効かなくて高いとかいう話を聴いたことがあります。確かめてはいませんが。
[PR]
# by fiesole | 2007-03-14 23:11

一日に会議6つは勘弁して!!

今日は、朝から会議、昼食を摂って、また会議。
いい加減にしてほしい。

どんな会議だったかというと、
1. 社会システム情報学専攻会議
2. 全学セクシャル・ハラスメント防止対策委員会
3. 教員の予備選考委員会
4. 情報科学研究科教授会
5. 情報文化学部教授会
6. 人間情報学研究科教授会

4,5,6,のすべてに所属しているから仕方がないんだけど・・・・。

それに4では、来年度の図書館商議委員なんていうのに選挙で当選しちゃうし、まったく・・・。この委員会って前にも委員やったことあるんだけど、サブ委員会が幾つもあって、それにも出なくちゃいけないんだよねえ。
[PR]
# by fiesole | 2007-03-14 22:59

情報カード

最近凝っているGTD関連のことです。

誰でも、ふと何かを思いついてもメモしておかなかったりして忘れてしまうことはありますよね。
私はもう50半ばなので、そういうことがかなり多い。

そこで、小型の情報カードを持ち歩くことにしました。

定期入れみたいなものにカードをいれ、超小型のボールペンを挟み込んでおくのです。

常にポケットの中に入れておくんです。外でも、家の中でもね。

便利ですよ。
[PR]
# by fiesole | 2007-02-23 23:24 | 情報関連

お年玉年賀ハガキ、一枚も当たらなかった

今年いただいた年賀ハガキは130枚ほど。
それでも切手シート一枚も当たらなかった。
珍しい。
自動車にも当たらないだろうなんて、全然関係ないしかたで喜ぶしかない。(^^ゞ
[PR]
# by fiesole | 2007-01-25 22:19

最近、凝っているもの

その一つは干物です。
職場からの帰りにデパ地下をうろつくことが多いんですが、そこに京都の干物やさんが入っている。
前を通りかかると、「ああ、こんにちは、今日は何を・・・?」っていう感じにもうなっちゃっている。

よく買うのは、笹ガレイ、ノドグロ、アジ、片口イワシやイワシ(この二つは昔はメザシといったようなやつかな? 要するにそういう形で刺してある。)、サンマなんかかな。

生より、つまり刺身などより、美味しいと思うものが多い。もちろん刺身も好きだけど。
[PR]
# by fiesole | 2007-01-17 23:43

最近、凝っているもの2

食べ物の話ばっかりで恐縮ですが・・・・。
ハム・ソーセージにも凝ってます。

やはりデパ地下に、ドイツ系のハム・ソーセージ屋さんがある。

ここでも「こんにちは、今日は何を・・・?」なんですがね。

幼い娘が好きなんで、つい買って帰っちゃいます。

バホルダー・シンケンという大きなハムとか、カイザー・ビア・シンケンというピスタチオの入ったやつとか、ツンゲン・パステーテなんていう、牛タンのはいったソーセージとか、美味しい。

この牛タン入りのソーセージというのは、スイスに旅行したときに初めて食べてメチャ美味しかったんですが、あれほどの味には、まだ日本では出会ってないなあ。
[PR]
# by fiesole | 2007-01-17 23:40

GTDの周辺

GTDというのはGetting Things Doneのことで、ビジネス系の仕事術といった感じかな。
要するに、頭をスッキリさせて、バリバリ仕事をやりましょうみたいな感じ。

とにかく、自分の頭の中にある<しなきゃならないこと>を、全部、紙などに書き出して、スッキリさせてから、ガンガンと片づけていくための手法ですね。

記憶に頼らないで、記録するというところは、KJ法の姿勢とも似ている。

というわけで、私がかなり前からやっていたこととどんな風に違うのかなあという興味から、少しGTDの本を読んでいます。

パソコン上やネットワーク上でそれを支援するソフトやサイトもあるみたい。
[PR]
# by fiesole | 2007-01-14 15:26

ブログのタイトルを変えました

どうも「イタリア移住のために」というタイトルのために、自分で書きこむ事柄が限定されてしまう感じなので、もっと広い範囲のものにしてみました。
もちろん『文学部唯野教授』を念頭に置いた名前ではあります。
単に念頭に置いてつくっただけで、内容的には全然関係ないですけどね。
[PR]
# by fiesole | 2007-01-12 23:31

簡易郵便局で・・・

イタリアの知人にクリスマス・カード(Cartolina di Natale)を送ろうとして、近くの簡易郵便局に行ったときの話。

私 : 「これを送りたいんですが。イタリアです。」

奥での局員二人での会話。
「ヨーロッパですよね?」
「うん。」

私は頭の中で「ひぇー!」と叫んでました。
[PR]
# by fiesole | 2006-12-12 10:52 | イタリア

フィレンツェの本屋さん

フィレンツェでよく行った本屋さんといえば、FeltrinelliとMarzoccoですかね。
両方ともDuomoのすぐそば。

専門の関係上、哲学とか美学の棚の前に立つこと多かったのですが、やはり溜息が出ました。
古典の品揃えと、古代から現代にまで至る専門書の多さに、です。

日本に帰って、例えば八重洲ブックセンターとかなんかに行っても、やはり比較にならない。
こんなところでイタリアの学問の裾野の広さというか、そういうものを感じることがありましたねぇ。
[PR]
# by fiesole | 2006-12-09 23:54 | イタリア

情報哲学特論II

表題のような講義を、今、大学院でやっています。
<情報と身体>の話をしようとして授業内容を予告しました。
シャノンの情報理論の姿勢から説きはじめて、大森荘蔵、ベルクソン、ピエール・レヴィの線までは、講義をしつつ、そろそろ構想ができてきました。しかし、毎回、まるで連載小説のように講義の予習をしているので、結構キツイ。
まあ、その緊張度がひらめきをもたらすことも結構あるので、楽しくないと言えば嘘ですけど。

一方で、『ライプニッツを学ぶ人のために』という本の分担分の原稿を執筆中。
これも字数としてはあと2000字ほどにまで来ましたが、もちろん、何回も読み直しをしながら書いているわけで、既に書いた文を「没」にして書き直すのは常なので、いつごろできるかなあ。大晦日が締め切り。
[PR]
# by fiesole | 2006-11-07 22:02

mixi

最近、mixiで遊んでます。
この内部にあるコミュニティというものは、昔使っていたニフティ・サーブの会議室を思い出させますね。昔、15年近く前、パソコン通信(もう古い言葉ですね、無くなっちゃったものね)で、ニフティ・サーブの会議室から情報を集めたものです。イタリアに行く前に、向こうで電話につなぐのにはどうしたらいいのか、つまりモデムからのコードの変換アダプタはどこで売っているのかとか、マックでニフティ・サーブの会議室専用ブラウザでどのようにアクセスするかとか、みんなここで情報を得たのでした。懐かしい。
その雰囲気が、少しだけ、mixiのコミュニティにはありますね。
かなり遊べそうです。
[PR]
# by fiesole | 2006-10-10 17:58

音声入力

今、『南の思想』をデータベース化しています。
音声入力を使っています。
以前は、MacでIBMのVia Voiceを使っていたのですが、OSXになってから動かなくなっちゃったので、仕方がなく、Windows機にDragon Naturally Speaking 2005というやつをインストールしてやっています。出来上がったファイルをMacに持っていってFile Maker Proでデータベース化します。そのあとに検索ソフト用にテクストファイルで書き出したりします。
このDragon Naturally Speaking 2005はなかなか使えます。キーボードで入れるよりかなり速い。トレーニングで例文を沢山読んでおき、また自分の書いた論文を読み込ませて単語登録をした後は、格段に認識率が上昇しました。「句読点開始」というと、自動的に句読点を入れながらやってくれます。ただし、私の場合、ちょっと間が開いただけで「、」が入っちゃうのがイヤで、「句読点終了」にして、自分で「てん」とか「まる」とか言っていますけど。c0041650_1041489.jpg
[PR]
# by fiesole | 2006-09-08 10:04 | コンピュータ

夏の暑さ

イタリア移住を考えることの一つの理由に、日本の夏の暑さがあります。
もちろん、例えば、軽井沢とか、他の高原とか、東北や北海道に行けばいいじゃないかという意見もあるでしょう。でも、既に住んで経験済みの楽しさを考えると、やっぱりイタリアなんですよねえ。
とにかく、そんなわけで、最近毎日、ネットでイタリア・トスカーナ地方の気温をチェックしています。フィレンツェは、向こうの人もいっていたけど、イタリアで一番暑い都市らしい。湿度もすごくて。
私が一年いたときには、8月の大半は、フランスとイギリスに行っていたので、実のところはよくわからないんですけどね。確かに、数日間は、クーラーが欲しいなと思いました。けれども、名古屋のこの暑さとはやはり比べものにならない。今、ネットで見ても、フィレンツェは30度近くまであがっても、最低気温は17度ですからねえ。ちなみにアレッツォは13度くらいまで下がる。魅力的だなあ。
[PR]
# by fiesole | 2006-08-31 14:37 | イタリア

南の思想

気になって、すでにイタリア語の原書を手に入れていた本が、最近、邦訳されました。
フランコ・カッサーノ 『南の思想---地中海的思考への誘い』(ファビオ・ランベッリ訳 講談社)です。
まだ読み終わっていませんが、これは興味深い本です。
他にもカッサーノの原書は数冊手に入れています。
読みたい。時間が欲しい。
c0041650_2352352.jpg

[PR]
# by fiesole | 2006-08-03 23:52 | イタリア

祝・講義終了

学生さんも嬉しいんだろうけど、教える方もすごく嬉しい。かといって夏休みなわけではないんだが。今日も会議だったし。大学院入試もまだあるし。でもやっと少しは本が読めるかな。Virtual PC 2004 for Windowsもフリーになったことだし、そいつで少し遊んでもみたい。
[PR]
# by fiesole | 2006-07-26 22:45

掲示板閉鎖

掲示板がどうも調子悪いのでリンクを外しました。
あまり評判も良くなかったので、その方がいいでしょう。> 加藤さん
また掲示板を作るかどうかは未定です。
なんてったって忙しいんで・・・・。
[PR]
# by fiesole | 2006-06-29 23:43

アーモンドの実

今年は、アーモンドの実もかなり数が多い。
花が終わって少しすると、もう、相当大きな実をいつの間にか付けています。
雨が多かったり、風が強かったりすると落ちてしまいますが、残っていたら実を植えてみようかな。c0041650_2245988.jpg
[PR]
# by fiesole | 2006-05-23 22:45

シャガの花

私は、結構、シャガの花が好きです。
学名はIris japonicaなんですねえ。
庭に植えておくと、かなりのペースで増えていきます。c0041650_22415430.jpg
[PR]
# by fiesole | 2006-05-23 22:42