<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

FirenzeかArezzoか

このブログは、もともとイタリア移住を念頭に置いてつくったものでした。

今回はその話題。

どこに住むかという問題です。

私が向こうで住んでいたのはフィレンツェ、でも仕事ではアレッツォにあるシエナ大学の校舎に通っていました。
フィレンツェは当然のごとく、美しいし、美味しいレストランは多いし、楽しい催しも多いし、中央市場は魅力的だし、美術館・博物館も沢山。やはり魅力です。ただ、スリが多いし、人が多いし、物価は高いし、盆地なので夏は暑い(イタリアで一番蒸し暑いともいわれる)というマイナス面もある。

一方、アレッツォは規模として小さいけど、確かに暮らしやすそう、人もフィレンツェほど閉鎖的ではなさそう、近くには美しい町が沢山といったプラス面。でも、ちょっとフィレンツェに比べると街中での楽しみの要素が少ないかなとか、いろいろ考えちゃうんです。

不動産を取得しやすいのはアレッツォの方かなとかねえ。

ほかに、フィレンツェの丘の上のフィエーゾレ(Fieosle)もいいなあとか、ルッカ(Lucca)はどうかなとか、ボローニャ(Bologna)も候補だなとか、考えるのは楽しいんですけどね。

とにかく、リタイアメント・ビザをとるには、賃貸でない住むところの確保が必要な雰囲気ではあるのでね。

どうなることやら。
[PR]
by fiesole | 2007-09-24 22:53 | イタリア

日本社会情報学会参加

昨日・今日と、日本社会情報学会(JSIS&JASI)合同研究大会に出席しました。

風邪をひいてたあとに残る咳で少々苦しかった。
(ああ、ちなみに私の風邪のパターンは、鼻の奥から始まって、喉に行き、熱が出て、寝込み、大汗かいて回復するんですけど、咳が残るというもの。最後は、漢方の『小青龍湯』なんかで、押さえるんです。)

これまでは哲学・美学系の学会ばかりに入っていたのですが、情報科学研究科の教員でもあるし、院生たちに発表の場をもっと増やす意味もあって、みんなで入ったわけです。

というわけで、連名の研究発表もあり、実際には少しドキドキしながら発表を聴いていました。

まあ、8月の末にリハーサルをしていたこともあり、なかなかみんなうまくやってくれたと思います。

KeynoteやPowerPointを使ったプレゼンテーションのときのテクストの行数を抑えることや、発声などなど、ある程度、細かく指示していったので、別の方々よりはまともなスライドもできていたと思います。

吉田民夫氏の基調講演や、下田氏の「思春期メディアとしての携帯電話の利用問題」といった基調講演も考えさせるものがありました。

普段の哲学系の学会とは違って、こういうのも「あり、か」(中島みゆきのこんな曲を知っている人はどれだけいるのかなあ)という感じで、結構楽しめました。

思わぬところから、今書いている本への刺激もあったし・・・。

なかなか、いいもんですね。
[PR]
by fiesole | 2007-09-09 18:19 | 情報関連