<   2005年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

なぜイタリアなのか

イタリア移住なんていうけど、なぜイタリアなのというのはもっともな疑問ですよね。
少々住んでみての感じが、もちろん重要な要因として働いています。それは具体的にはどういうことなのでしょうか? もちろん、たった一年ではお客さん扱いされていたという部分は多々あるはずです。それでも彼ら・彼女らの生き様というか、そういうものに日本人との違いを感じていたことは確かです。一種の爽やかさとでも言うのでしょうか。
それと伝統や歴史といったものに対する態度でしょうかね。街並みの保存といった事柄にさえ表れるような。古いものは壊して新しいものにするといった感じの強い日本の都市や建築の考え方とは少々違うものがある。<そこにいるだけで幸せ>みたいな感じを結構味わえる街の存在感がありますよね。
人間関係の濃密さもあるかも知れない。フィレンツェは閉鎖的だとよく言われるし、そういう面が確かにあることは認めるとしても、今の日本より<まし>じゃないかな、とさえ思われるのです。
仕事に対する考え方も、日本よりは力が抜けている感じがするし。要するに人生を楽しんでいる感じするのです。もちろん、イタリア人の四人に一人は鬱病なんていう記事もあったりするんですが。
それに、とにかくイタリアでは老人が元気だったように思う。これって大事じゃないかな。
学校の試験の多くが口述試験だという点も興味深い。大学もね。口述、つまり話すわけですよね。この会話するということがどんなにイタリアでは大切なことかは生活したことがある人ならわかるでしょう。日本では殆どしゃべらない人間が結構いる。お店に入っても何にも言わないで、また何にも言わずに出てくるという感じ。それはイタリアではあり得ないですよねえ。
[PR]
by fiesole | 2005-01-26 23:43

いつかイタリアに移住しようかなって

 Blogデビューなので、一応、自己紹介のようなものを。
10年以上前にイタリア語をNHKTVで始めてから、これまでに何回か、イタリアに行ってます。一度は、一年間フィレンツェに住んでました。シエナ大学の招待研究員とでもいうのかな、それになって。このブログのURLに入っているfiesoleは、毎日フィレンツェのアパートの窓から眺めていた丘の上の町の名前。
 職業は大学の教員です。専門は、情報学・美学・哲学。
 今、52歳。定年でもしたら、イタリアに移住しちゃおうかなって、結構本気に考えている私です。だけど、イタリア移住情報の本があまりないんですよね。本屋に行っても、アジアへの定年後海外移住に関する本は結構あるんだけど。あと、オーストラリア移住とか。ロングステイに関してもあまり情報無し。とにかくリタイアメント・ビザの取得に関しては、あんまり解らないし。以前、1996年に一年いったときには、向こうの大学の先生からもらったインビテーション・レターがあれば、私が住んでいるのは東海地方なので、大阪の領事館に申請した後、<一ヶ月以内に本国イタリアから何も言ってこなければ発行します>とのこと。実際、そうやって発行されました。
 あと10年ぐらい定年まであるので、じっくり情報を集めようと思っています。c0041650_1520781.jpg
[PR]
by fiesole | 2005-01-24 23:17