カテゴリ:未分類( 35 )

DropBoxとNetWalker

残念ながらNetWalkerでは、DropBoxは使えないみたい。
[PR]
by fiesole | 2010-02-23 18:20

DropBox、便利だなあ。

前からアカウントは持っていたのですが、本格的に使い始めました。

Mac、iPod touch、NetWalker、Winodwsなどの間でのファイル共有が実に楽だなあ。
もっともPublicはまだ使っていない。

学生さんたちにファイルをダウンロードしてもらうには、Drop.ioの方がいいかな。
[PR]
by fiesole | 2010-02-21 23:19

シャープのNetWalkerを試しています。

Ubuntu9.04をベースにしたOS(というかそれそのものにタッチパネル機能という感じかな)で、CPUが少し力不足の感はあるけど、なんとか使えます。
Basket Note Padsというソフトをダウンロードして使い始めました。面白い。
[PR]
by fiesole | 2010-02-21 23:15

結局、右腕の痛みはまだ続いていて、

鍼灸院に通っています。
確かにマウス腱鞘炎もあるかも知れないけれども、「肩の筋肉を痛めていますねえ」と言われちゃいました。
いつ痛めたのかなあ・・・。
エルゴノミクスマウスも買ったけど、左手でマウスを操るのに結構慣れてきてしまいました。
[PR]
by fiesole | 2010-02-21 23:12

左手で

マウスを使っています。

利き手である右手の肩から手首までが痛いので。

大分慣れてきた。
[PR]
by fiesole | 2010-01-23 16:30

マウス腱鞘炎

あるいはマウス症候群とかいうものになってしまった感じがします。

確かにパソコンの前にばっかりにすわって仕事をしているからなあ。

そこで、「エルゴノミクス(人間工学)に基づいたマウス」とか「ペンマウス」を物色中。
[PR]
by fiesole | 2010-01-23 16:28

「新構想学部教育研究フォーラム」というものに出ました。

私の所属は情報科学研究科ですが、情報文化学部というものに兼任しています。
今現在、そこでの「教育委員長」(他の大学では教務委員長というかな)なので上記のフォーラムに学部から派遣されました。
他にも、国際文化学部とか社会情報学部とか人文社会学部だとかいった「新構想」の学部を創設した国立大学がいくつもあるわけです。
そこがきちんとオリジナルな教育・研究をしているのかどうかを文部科学省が厳しく問いはじめている雰囲気の中で、皆さん、危機感を持ちながらの今年の会合となったわけですね。
多くは、教養部を廃止してできた学部ですから「初年次教育」も責任部局としてきちんとやらなければならない、また学部となった限りは卒業生の「キャリア教育」にも力を入れなければならない。その上で、例えば「情報文化学」や「国際文化学」や「社会情報学」という学問をきちんと創っていますか、というわけです。

大変なことですよねえ。もちろん、他人事ではありません。
私は、そんな努力を何とか目に見えるものにしようと『情報学の展開』という本を書いたのですが、まだ出版がスムーズに行くかは未定。
[PR]
by fiesole | 2009-11-18 19:08

Macの画面---SpaceSuitを使う---

MacOSXのLeopardでは、標準で4つの画面切換が可能なSpacesという機能が付いています。

全部同じデスクトップピクチャーよりも4つとも違う方がいいかなと思って、SpaceSuitというフリーウェアを使っています。

1. ウチの猫たち
2. シチリアのEriceから見た壮大な風景
3. Bolognaの街の夜のイルミネーション
4. BotticelliのPrimavera

という4つです。

気分が変わっていいですね。
[PR]
by fiesole | 2009-03-17 10:43

e-taxをやってみた

一応、情報科学研究科の教授でもあることだし、今年の確定申告でe-taxを使ってみた。

e-tax用のソフトは、当然のように、Windowsしかない。
私はmac使いなのだが、もちろんwindows機ももっているのでそちらでやることになる。

ところが、なんと、Internet Explorerはversion6を使えという。
現在はみな普通は7を使っているよねえ。
8だってベータ版になっているんだから、それを使っている人だっているだろう。まったく(-.-#)

ICカードリーダも買わなくちゃならないし、私の場合は住基カードを市役所まで1000円で買いに行ったし。

そして操作は、これまたもちろん、お役所言葉とwindows風のインターフェイスで、やっぱり使いづらいなあ。

なんとか終わったけど、こんなので普及するかなあ。

疑問だなあ。
[PR]
by fiesole | 2009-03-06 13:30

Puppy Linuxを使う

OSをUSBメモリで持ち歩くということに少し凝っています。

まず、実現していたのは、商品のWizpyというTurbolinux。
だいぶ前にこれを買ったのですが、あまり使っていなかった。

でもひょんなひょうしに使ってみたら、結構おもしろいかも、と思い、別の可能性を追求したところ、

現時点で、Ubuntu LinuxとPuppy Linuxが実現。

とくにPuppy Linuxは軽くていいですね。

これで、BootCD(8cmCD-Rに入れた)とUSBメモリに入った設定保存ファイルさえあれば、どこでも自分の環境を使えそうですね。あとはBIOSの設定で、CD-ROMかUSBから起動できるようにすればOK。
[PR]
by fiesole | 2008-02-04 23:21